LECCAユーザーのための相談室

LECCAプログラム


LECCA2シリーズの概要

現在LECCA2シリーズには次の3プログラムが有ります。
・LECCA2-RW
 橋梁上部工の周囲における風速場の解析とランダムウォーク法を組み合わせた数値解析により、
 橋梁各面に飛来する塩分量を計算します。
・LECCA2-Std
 中性化,塩害あるいは凍害による劣化現象の経時変化を2次元定量的に捉えることのできる「コ
 ンクリート構造物の長期性能シミュレーションプログラム」です。
・LECCA2-Lite
 LECCA2-Stdのシミュレーション精度を維持したまま入力パラメータ数を最小限に抑えることで
 ユーザーインターフェイスもより直感的かつ簡便な仕様としました。

LECCA2-RW  本体価格50万円(コマーシャル)、アカデミック(半額)

LECCA-RWの機能を次に示します。

rw機能

その他の機能
・飛来塩分量の実測値を入力して、プログラムによる計算結果を補正します。
・橋梁の形状にフランジ付を指定できます。
・本プログラムをタブレットで利用出来ます(タッチ操作可能)。



LECCA2-Std  本体価格65万円(コマーシャル)、アカデミック(半額)

LECCA-Stdの機能を次に示します。

std機能

その他の機能
画像の説明

理論解説書
次のボタンからLECCA2(LECCA2-Stdの前身)の理論解説書(pdf)をダウンロードできます。


LECCA2-Lite  本体価格12万円  年間ライセンス形式

LECCA2-LiteはLECCA2-Stdから使用頻度が高いと思われる機能を抽出し,簡便に利用出来る事を目的にしたものです。機能についてはLECCA2-Stdをご参照ください。

次には出力例を示します。
Lite出力例

報告会資料
次のボタンからLECCA2-Liteの報告会資料(pdf) 2012年発行をダウンロードできます。

以上



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional